基本のアンダーハンドサーブをマスターして確実に飛ばそう。

アンダーハンドサーブの練習をしよう

 

基本のフォームは、ラインに平行に立ち、脚を肩幅に開き、利き足を後ろに引いて軽く膝を曲げて作ります。

 

 

アンダーハンドサーブ

ボールを打つ側の腕は、手のひらを軽く握って後ろに引いてから、手のひらの下の部分をボールに当てて打ちます。

ボールを長く、強く飛ばすためには、膝の屈伸を利用して、全身の力を集め、ボールを打つ腕に伝えることが大事です。

 

 

膝を伸ばしたまま、棒立ちの状態で腕だけ使ってサーブを打っても、ボールに力が伝わらず、長く飛ばすことはできません。

 

軽く膝を曲げ、手を軽く握り、肘を伸ばしたまま前に伸ばしてボールを打ちましょう。

身体のそばでボールを打とうとすると、肘が曲がってしまうので、これもボールに力が入らず、飛距離が伸びない原因の一つなのです。

 

 

トスを上げ過ぎないようにすることも大事です。

トスを上げ過ぎると、ボールがコントロールされる確率が減ってしまうので、確実にボールを捕え、打つことができなくなってしまいます。
アンダーハンドサーブで、飛距離が伸びない人の多くは、トスの上げ過ぎが原因で失敗しています。

 

 

まず、トスを上げないで打つ練習を繰り返しましょう。
次にトスをする腕をいつも取り高めにし、少しだけトスをあげるようにしてみてください。
徐々に、ボールがコントロールできるようになるはずです。

 

 

ボールの飛距離が伸びてきたら、落下させたい地点に合わせて、ボールを打つ練習をしましょう。

 

 

左右に打ち分けたい時は

落下させたい地点に体を向けてボールを打ちます。
また、コートの後方に落下させたい場合には、ボールの手前側を打つようにすると、低く遠くまで飛びます。

 

 

ネットのそばに落下させたい場合には

ボールの下側を打つと、高く上がり、ネットの近くに落下させることができます。

 

 

左右の打ち分けと、遠近の打ち分けを、状況に応じて組み合わせて、どんな場所にもサーブを打てるように練習しましょう。