アンダーハンドパスは、トスを上げるためのセッターにボールを繋ぎやすくします。

アンダーハンドパスの練習をしよう

 

基本的な姿勢は、脚は肩幅に開き、軽く膝を曲げて作ります。

 

この時、重心はつま先側に多くかけ、背中は少し前傾させ、猫背にならないようにします。
手は片方の手のひらの上に、もう一方の手を重ね、両方の親指をまっすぐに並べます。

 

 

始めのうちは、この方法だと、強いボールが来た時に、ボールを受けた衝撃で、重ねた手が外れてしまうことがあるので、お互いの手の指を広げて指を組み、親指を並べる組み方をすると良いと思います。
ただ、この方法は、指を組むのに時間がかかってしまうので、慣れたら、重ねる方法に変えていくようにしましょう。

 

 

アンダーハンドパス

最も早く組めるのは、手のひらの上にのせたグーにした手を包んで、親指を揃える方法ですが、組んだ手が外れやすいという難点があります。

 

 

熟練度だけではなく、手の大きさ、指の長さによっても、どの組み方、重ね方が適しているかは違いますので、練習を重ねるうちに、自分に適した重ね方、組み方を見つけましょう。

 

 

ボールを受ける時には、脚をコートの中央に向かって一歩踏み出して、後ろ足の踵はあげ、肘から手首までのラインが二等辺三角形になるようにして、腕を前に伸ばして、あごは引き気味にして前傾姿勢で、ボールを捕えます。

 

 

ボールを受ける前に、親指を下に向けようとすると、ちょうど良い腕の伸び具合になります。

腿のラインが腕のラインが平行になる程度に膝を曲げましょう。
脚をコートの中央に向かって踏み出すのは、身体をコートの中央に向けトスを上げるセッターにボールを繋ぎやすくするためです。

 

 

ボールは、親指や手首の部分で受けず、手首と肘の間で受けますが、この時

手首から肘までの間をできるだけ平らな状態にするため、少し外側にねじります。

 

 

ボールを受ける時には、

  • 膝を軽く曲げた前傾姿勢を崩さないこと、
  • 視野が狭くならないこと

を心掛け、強く腕を振り過ぎないように気をつけましょう。

 

 

慣れてきたら、相手がボールを取りやすい高さにあげることを心掛けてください。

 

 

続いて‥・>>オーバーハンドパスの練習はこちら