フォームをより低い位置に構えて膝を深く曲げ、体全体でボールを打つイメージを持ちましょう。

アンダーハンド二段トスとは

 

オーバーハンド二段トスでは上げられない低い位置から遠い位置にいるアタッカーにボールを繋ぐプレーをアンダーハンド二段トスと言います。
バレーボールの試合中に使用する頻度が多いプレーなので、全てのバレー選手が確実に取得している必要があります。

 

オーバーハンド二段トスよりも低い位置から高い位置にボールをあげ、なおかつボールを遠くに飛ばし、アタッカーが打ちやすいボールである必要があるため難しいプレーですので、しっかりと練習を行いましょう。

 

アンバーハンド二段トスの練習方法

アンダーハンド二段トスの練習

フォームはアンダーハンドパスと同じです。
しかしボールを高く遠くに飛ばすため、より低い位置に構える必要があります。膝を深く曲げ、体全体でボールを打つイメージを持ちましょう。

 

アンダーハンド二段トスの打ち方は、ボールの落下地点で膝を曲げて姿勢を低くし、ボールを上げたい方向に体を向けておきます。ボールを受けたら腕と膝を使ってボールを打ちます。
練習方法は高く上げてもらったトスをわざとワンバウンドさせてボールが上がった位置からボールを打ってみましょう。
何度も繰り返しやることで次第に高く遠くに飛ばせるようになります。

 

また、アンダーハンド二段トス同士で練習しあうのも良いでしょう。チーム力の向上につながります。
腕をあまり振りすぎるとボールが思ったような方向へ飛んでいきません。ほどほどの位置を体感して覚えましょう。
膝を大きく使うことによってより高く遠くに飛ばすため、日頃からスクワットなどで膝を鍛えておくことも大事です。

 

また正面からではなく、難しいプレーにはなりますが、ボールを横から受ける練習もやっておくべきでしょう。
ボールを体全体でボールを送るようなイメージで行うといいでしょう。