手首で受けたボールを下半身でボールを送ることを意識して練習することが必要です。

アンダーハンドレシーブとは

 

アンダーハンドレシーブは、バレーボールを試合で行うに当たり最も頻繁に使われるレシーブの1つです。また、バレーボールの基本でもあります。
アンバーハンドレシーブはボールのコントロールはつけにくいですが、相手のボールを受けやすいレシーブです。

 

アンダーハンドレシーブの練習方法

体の前で手と胴体できれいな二等辺三角形になる形を作ります。そのとき手は親指が上に来るようにし、他の指は軽く折り両手をくっつけます。決して手は組んではいけません。
姿勢はなるだけ低くします。肩で顔をうずめるような感じのポーズをとりましょう。

 

落ちてきたボールを正面で受けて手首でボールを打ちます。そのときに腕を振ってボールを当てないようにしましょう。
腕を振ってボールを飛ばすのではなく、手首でボールを受けるイメージです。
また、腕は曲げずに張っている状態でボールを受けましょう。構えている間は肘が緩んでいてもかまいません。

 

アンダーハンドレシーブのイラスト

ボールは下半身を使って飛ばしたい方向に飛ばします。腕を振って飛ばしてはいけません。また、重心が後ろにかかってしまうとボールを正確な位置へ運ぶことができなくなるので注意が必要です。
アンダーハンドレシーブの重要な点は手首で受けたボールを下半身でボールを送ることにあります。これらを意識して練習を行うことが必要です。

 

ボールが落ちる位置を把握し、正確にアンダーハンドレシーブを打つために、まずは誰かにボールを投げてもらって正確な姿勢を維持することと、ボールの落下地点の目測をつかめるようになりましょう。

 

その上で下半身で正確な位置にボールを飛ばせるような練習をしましょう。最初から思った位置にボールを飛ばすことはできません。
コツコツとした根気のいる練習を繰り返すことが大事です。