スパイクを受けるためにレシーブの練習をしてボールを繋げよう。

スパイクレシーブの練習をしよう

 

スパイクレシーブのフォームは、アンダーハンドパスのフォームより、強い衝撃に耐えられるよう、
肩幅より少し広めに足を開き、深く膝を曲げ、前傾姿勢をとって作ります。

 

 

腕は力を抜いて、身体の前方に出しておき、目は常にボールを追います。
いつでも移動できるよう、重心はつま先側に置き、足の親指の付け根に力を入れます。

 

 

スパイクレシーブ

アタッカーがスパイクをしたら、素早く腕を組みます。

腕の組み方は、アンダーハンドパスと同じで、手は片方の手のひらの上に、もう一方の手を重ね、両方の親指をまっすぐに並べます。

 

 

肘から手首までのラインが二等辺三角形になるようにして、腕を前に伸ばして、あごは引き気味にして前傾姿勢で、ボールを受けます。
腕の高さは、太ももと平行になる位置にあげ、ボールを受ける時には親指を下に向け、肘をしっかりとのばします。

 

 

ボールには強い勢いがついているので、大きく腕を振る必要はなく、ボールを受けるだけで、飛んでいきます。

 

 

腕を大きく振ってしまうと、身体から離れた位置でボールを受けることになりますし、かえってボールがコントロールできなくなり、思った方向に飛ばすことができません。
また、肘が曲がってしまっても、身体のそばでボールを受けることになり、ボールがコントロールしにくくなります。

 

 

腕は正面に出してボールを受けるのが確実ですが、間に合わない時には、腕を横に出して受けるようにします。

 

 

その時、踏み出した脚に体重をかけ、体をねじって、肘から手首の平らな部分がボールに当たるよう、腕の向きを調整します。

 

 

腕を横に出している時に、肘から手首までのボールに当てる面が、正面で受ける時と同じように上向きになっていると、ボールを的確に受けることができません。

 

 

スパイクレシーブの場合、ボールに強い勢いがついているので、細かい方向の調整は難しいです。
ボールを受けたら、とにかくセンターに向かってボールをあげられるようにしましょう。