壁打ちでスイングミートの練習をして、ボールが元の位置に戻り連続して打てるようになりましょう。

スパイクの助走と打点の基礎練習方法

スパイクはバレーボールに於いては、得点につながる攻撃ですが、総合的な動きをタイミングをつかんで行う攻撃で、強さと高さが必要となります。

 

より得点につながるスパイクを打つために重要なポイントは、打点のつかみかたです。

 

 

ボールを捉えるポイント

スパイクで強いボールを打つために、腕のスイングは重要です。
腕を伸ばし過ぎても、ひじを曲げすぎても強いスイングはできません。
自分にとって強いスイングの感覚を、何度も練習してつかむようにしましょう。

 

腕を斜め上に60度ぐらいの角度で伸ばし、ひじを少し曲げた形が平均的にスイング力が一番強くなるフォームです。

 

各個人で違いがあるので、自分にとって一番強いスイングの角度などをつかむようにします。

 

ボールを打つ位置は、手のひらの指の付け根あたりが最も強いボールが打てる位置で、最もコントロールしやすく練習の結果、自分の思うようなコースに打ち込むことも可能となります。

 

 

スパイクの助走の練習

スパイクにはオープンスパイクと、クイックスパイクがあります。

 

助走のタイミングも、クイックか、オープンかで違いがあります。

 

オープンスパイクは3歩の助走となります。

右手のスパイカーは、左、右、左、両足で床を蹴リ、真上へ飛ぶという具合です。
助走の最後の左足は内側に向けることで、前へ進む力を上向きに変化させ、より高く飛ぶことができます。

 

クイックスパイクは2歩助走となります。

右手のスパイカーは、右、左、両足で強く床を蹴ってジャンプというように素早い動きを行います。
助走は、ネットに対して斜めに入り、最後に両足で踏み込むときには、両手を後ろに伸ばしたバックスイングで腕の力のかりながら、ジャンプすることでより高く飛ぶことが可能となります。まずは、助走からより高いジャンプというタイミングの練習を何度もしておくようにしましょう。

 

 

スパイクを打つコース

得点につながるコースはコートの奥の両端が狙い目です。
ラインぎりぎりに打てるように目印の様なもの(コーン)をエンドラインの1メートル内側くらいにおいておき狙うように練習します。

 

 

スイング、ミートの練習

壁打ちでスイングミートの練習をします。
一人でも行うことができ、ボール拾いの手間も省けます。
正しいスパイクが打てるようになると壁に当たったボールは元の位置に戻り、連続して打てるようになります。