トスの基本であるオーバーハンドパスの練習をしてボールをコントロールしよう。

オーバーハンドパスの練習をしよう

 

基本姿勢は、脚を肩幅に開き、軽く膝を曲げ、上体を前傾させて作ります。
腕は、肘を曲げて、前方にあげ、額の前で親指と人差し指で三角形を作ります。

 

 

この時、両肘と人差し指で、大きな三角形も作ります。
肘が広がり過ぎたり、狭すぎたりすると、確実にボールを捕えることができないことと、次に繋げるボールを的確な位置に送れないので、肘の間隔にも気をつけます。

 

 

親指と人差し指の三角形が確実にできていると、自然に大きな三角形も良い位置になります。
ボールを地面に置いて、親指と人差し指で三角形を作り、ボールを顔の前に持ち上げると理想的な腕の形ができます。

 

 

ボールを受ける時は

親指、中指、人差し指の3本で受け、指先から第2関節までをボールにフィットさせるようにし、手首を柔らかく使ってボールの衝撃を和らげるようにします。

 

 

ボールを受ける時に、指先だけで受けたり、手首に力が入っていたりすると、突き指などのけがの原因になってしまいますので注意しましょう。

 

 

オーバーハンドパス

ボールを受ける時は、足を一歩踏み出し、ボールは額の前で受け、肘を伸ばし、全身を使ってボールを押し出すようにして次に送ります。

手や指の力だけでは、ボールをコントロールする力が弱いので、膝のばねを利用し、全身で受け止めて送るということを意識しましょう。

 

 

ボールを受ける時、顔から離れた位置でボールを捕ろうとすると、確実にキャッチできないので、額の前で捕えるようにしましょう。

 

 

まずは、一人で真上にボールをあげることを繰り返す練習をします。

 

この時、だんだんフォームが崩れないように、ボールを送った後は、基本のフォームに戻ることを繰り返しましょう。

 

ある程度繰り返しボールを受けられるようになったら、下から山なりに上がるボールを投げてもらって受ける練習をしましょう。

 

 

>>アンダーハンドパスの練習はこちら