オープントスの練習をしてアタックしやすい確実な位置に繋げよう。

オープントスの練習をしよう

 

オープントスは、高い位置にボールをあげるトスです。

 

オープントスには、

  • レフトにあげるフロントトス
  • 後ろ向き(ライト)にあげるバックトス

があります。

 

フロントトス

ネットに背を向け、脚を肩幅に開き、軽く膝を曲げた前傾姿勢で待機し、ボールが飛んできたら、ボールから視線をそらさず、素早く落下地点に移動し、ボールをあげたい方に体の向きを変え、その方向に向かって一歩踏み出します。

 

 

オープントス

ボールを受ける腕と手の形は、オーバーハンドパスと同じ要領で、両手の親指と人差し指で正三角形を作り、両肘から人差し指の先までで大きな三角形を作ります。

トスをする場合、ボールは、おでこのそばで受けたオーバーハンドパスとは違って、おでこからボール一つ分の距離を空けた位置で受けます。

 

 

ボールを受ける時に、前傾しすぎたり、上体が後ろに反ってしまったりすると、身体のバランスが悪くなり、全身のバネを使ってボールをあげることができなくなってしまいます。

 

 

肘、腰、膝の屈伸を上手に利用し、身体全体の力でボールをあげると、十分な高さがあり、放物線を描くコントロールされた、レシーブのしやすいボールをあげることができます。

 

 

ボールの高さは、アンテナ2本分程度を目安に練習しましょう。

 

 

腕を伸ばしすぎて、真上にボールをあげてしまうと、アタッカーの位置まで届きませんし、腕を前に伸ばしすぎると、ボールが低くなってしまいます。
アタッカーがレシーブしやすいトスをあげる為には、基本姿勢を守り、全身のバネを使って、腕を斜め前方に伸ばしてボールをあげることが大事です。

 

 

センタートス

センタートスの、基本の姿勢やボールの受け方やボールの高さはフロントトスと同じですが、
センタートスの場合はボールの軌道が、狭い放物線を描き、自分のそばに落ちるように調整してボールをあげます。

 

 

バックトス

バックトスも、基本の姿勢やボールの受け方やボールの高さはフロントトスと同じですが、
バックトスの場合は、ボールを受けた後、素早く体勢を変え、後ろ向きにボールをあげます。