ジャンプをして打つサーブは、ジャンプフローターサーブと、ジャンプサーブがあります。

ジャンプサーブに挑戦

フローターサーブが確実に入るようになったら、ジャンプフローターサーブに挑戦しましょう。

 

より高い打点から、繰り出されるボールは、スピードも増しより直線的なボールとなり、レシーバーも取りにくいボールとなり得点を狙えるサーブとなります。

 

 

ジャンプフローターサーブの基本

ジャンプフローターサーブは、打つときにジャンプして打つため、何時もよりも高いトスが必要となりますが、トスを高く上げ過ぎるとタイミングがつかみにくくなるので自分の飛べる高さなどを考え、打点にちょうどくらいのトスを上げるようにします。

 

  • トスは、前の方向の斜め上に上げる感覚で、助走1~2歩でジャンプして打ちます。
  • トスは自分で、片手で挙げるか、両手にするかは自分のやりやすい方に決めます。

 

フローターサーブ同様にボールの中心を、手のひら全体で打つ感覚で打ちます。
その時に、手首が曲がらないように押し出す感覚で打ちます。
掌で打ったボールは、バーンという音がします、指先でうってみたときとの音の違いを確認しちゃんと打てていいるかどうか、音でも判断ができます。

 

打つまでは、ボールをしっかりと見て打ちます。
空中でのバランスを崩さないように気を付けます。

 

 

レシーバーに難易度の高いネットギリギリのサーブがねらい目

ジャンプフローターサーブは、高い位置から打つことが可能となりますが、ねらい目は一番レシーバーのとりにくいネットギリギリから、30cm位のコースを狙います。

 

腕のスイングを、止める無回転のサーブを打つと変化球となり、レシーバーにとっても難易度の高いサーブとなりペースを崩すことが可能となります。

 

 

スパイクを打てるようになれば、ジャンプサーブに挑戦

ジャンプサーブは、ボールをスパイクを打つようにする、サーブでジャンプフローターサーブに比べると、難易度も高いサーブですが強力なスパイクが打てるようになったら、ジャンプサーブに挑戦してみましょう。

 

より高い位置で、強力なサーブを打ち込むことが可能となり、得点につながるサーブとなりますが、助走やトスのタイミングなどを取ることが困難で、強いサーブを打とうとするほどミスも起こしがちです。

 

まずは確実なトスの位置をつかむことが大切です。
助走しながらトスを上げている場合などを、上級者の試合などで見かけますが、
最初はトスを上げてから助走に入るようにしましょう。

 

安定したトスと助走の練習を何度も行い、どのくらいの位置から助走を始めるかをつかみます。
トスのボールに手首を使い、ボールを下から上にこする感じでトスを上げ、前回転をボールにつけるとトスのボールが安定するとともに、打ったときにより強いボールとなります。

 

スパイク同様に、バランスの崩れない正しいフォームで腕のスイングと共に体のひねりも利用して全体で打ち込むようにします。