フローターサーブの打ち方をマスターして強いサーブを打とう。

フローターサーブの練習をしよう

 

基本のフォームは、ラインに平行に立ち、脚を肩幅に開き、利き足を後ろに引いて軽く膝を曲げて作ります。

 

 

フローターサーブ

頭の上にトスを上げて、打つ方の腕を肩より後ろに引いてから、手を軽く開いて手の平の下、手首のすぐ上の部分で、打つ瞬間に肘をのばしてボールを打ちます。

 

 

トスを高く上げ過ぎると、ボールを確実にうつことができないので、コントロール不足になり、思わぬ方向に飛んでしまったり、失敗したりする確率が上がってしまいます。

 

 

トスは腕を伸ばして、まっすぐ上に頭の上まであげ、おでこの前あたりで打ちます。
腕をしっかり伸ばさないでトスを上げると、ボールが自分の体のそばに上がってしまうため、全身の力を使ってボールを打てる体勢が取れなくなり、ボールに威力がつきません。

 

  • 目が自然にボールを追えるような位置に上がっていること、
  • 身体から離れた位置にまっすぐ上がっていること

がポイントです。

 

 

始めのうちは、トスを上げる練習も単独でしましょう。

ボールを打つ練習も、始めのうちは、トスを上げず、トスを上げる方の腕の肘を伸ばして、上にあげ、ボールを手に持った状態で打つ練習をしましょう。
飛距離が伸びてきたら、打ちたい方向に向かって1歩踏み出して打つ、ボールに当てる手の位置や角度を変えて、ネットすれすれに落としたり、やまなりに飛ばさせたり、ボールのコントロールの仕方を覚えましょう。

 

 

また、ボールを打つときは、身体全体を使って、押し出すような感覚で打つと、まっすぐに飛んでいきます。

 

たたきつけるような感覚でボールを打つと、ボールが下向きの軌道をとってしまうので、ネットにひっかかってしまう恐れがあります。

 

 

トスを的確な位置にあげて、あらゆるボールのコントロールが身についてきたら、ジャンプしながらサーブを打つジャンピングフローターの練習に進みましょう。

 

 

>>アンダーハンドサーブの練習はこちら