フローターサーブ、ジャンプサーブ、最終的にはジャンプフローターサーブを打てるようにします。

ドライブサーブとは

 

バレーボールを打つ人

ドライブサーブとはドライブ回転が付いたボールのことです。
打ったボールは突然軌道を変えたり、例えボールがレシーブされたとしても、ボールが横に弾き飛ばされ点数を得やすくすることができます。
ドライブサーブを打つのにはある程度コツがいります。どうすればドライブボールが打てるようになるのでしょうか。

 

ドライブサーブを打つために

ドライブサーブを打つにはまずフローターサーブジャンプサーブを確実にマスターする必要があります。
マスターする順番としては。フローターサーブの次にジャンプサーブをマスターし、最終的にはジャンプフローターサーブを打てるようになれば完璧です。
そこまでできればドライブサーブをコツをつかみ易く、取得もしやすくなります。

 

ドライブサーブに挑戦

まずはトスを安定してあげてもらうことが大事です。トスでうまく回転がかかり、安定したところにあげてもらえるようになればドライブサーブの成功率が高くなります。その上でドライブサーブを打つことが必要です。

 

ドライブサーブはコートに対して直角にの角度で利き腕の方向を向き、高く上がったボールに対してジャンプしたと同時に、利き腕を下げて大きく後ろへ引いて体を利き腕の方向にひねり、体を逆に回転させながら、全体重をかけて思いっきり打ちます。

 

ボールを打つ場所はボールの上半分を狙います。うまく打てるようになったら、ボールの打つ場所を他の場所にずらしてみましょう。
コツは前に飛びながら強くボールを回転させるために、体の軸がぶれないように体を回転させることです。
空中でいかにバランスを維持したまま安定したフォームでサーブを打てるかが重要になります。
軸が確実に安定していれば腕を思いっきり振りぬくことが可能となるためです。
ドライブサーブを打つ際には、いつも体の軸を意識するようにしましょう。