ネットの位置とコートの大きさを体感し、意識することで、サーブのコントロールを身につけます。

サーブのコントロールを身に着けるには

 

サーブのコントロールはまず自分で狙いをつけたところにボールがちゃんと落ちるかどうかを確認するところから始めましょう。何本も同じところを狙ってひたすらボールを打ち、どこに落ちたかを自分で確認するのです。

 

確認をしやすくするために、サーブの練習をするときにはまずネットに1m感覚に印をつけます。
これで、ネットのどのあたりで打てばどこに落ちるのかを把握することができます。
またコートにも一定感覚で印(例えばカラーコーンなど)を置いて打ってみましょう。

 

この2つを同時にやることで、どのあたりでどのくらいの力をかけて打ったら、このくらいのところにボールが届く、と言うことを自分で把握することができます。
これらを把握することにより、自分のサーブをコントロールするすべが見つかってきます。

 

サーブの練習をする人

サーブのコントロールを身に着けるためには、ネットの位置とコートの大きさを自分の中できちんと体感し、意識することにあります。
苦手な位置、得意な位置、サーブの力加減などを位置を把握することによって体感し、自分の中できちんと覚えることが大事です。

 

また、一定のサーブを打てるようにするためにも、サーブを何度も打つ練習必要になってきます。

 

サーブでコースを狙う

コントロールを身につけたら、今度は試合中に相手に取られないサーブを考えられるようになりましょう。
ここでこんなボールを打ったらとられないだろう、といったことを瞬時に判断できる能力を身に着けるのです。
試合は時と場合により変化してくるものなので、この場所にボールを打ったら絶対にとられることは無い、というようなことはありません。

 

また、せっかくコントロールができるのに、相手の取りやすいところにボールを打ってしまったら意味がありません。試合や練習を重ね、自分で体感して覚えていきましょう。