肩甲骨から腕を伸ばす感覚で、腕にも力を入れて壁を作ることを心がけましょう。

ブロックの基本

バレーボールに於いて、ブロックが加わることで、ゲームに変化が起こりゲーム自体が面白くなります。

 

スパイクによる攻撃の第一の壁で、相手コートに落としますが、うまくとめることができなかったとしても、ワンタッチすることでスパイクの威力も弱くなり、レシーブしてボールをつないでいくことができます。

 

強いチームを観察していると、しっかりしたブロックがあるチームが試合で勝利を収めていることが良くみられます。

 

 

ブロックの正しい基本ファーム

足は肩幅より少し広い程度で、手は頭の上にあげておきます。

 

ブロックのジャンプの位置がネットに近すぎるとネットタッチをしてしまうので、
ジャンプする位置は30cm程度の距離を目安にしてジャンプします。

 

ジャンプして腕を相手コートに出すようにだします。
体がくの字になるような感じのイメージです。

 

相手のスパイカーの利き腕の正面でジャンプします。
相手の正面で飛んだらボールは横に抜かれえてしまう可能性があるからです。

 

手はしっかり開いて、指先にまでしっかり力を入れます。
強いスパイクをはじくので、力が入っていないと怪我につながります。

 

両手をあげますが、ボール自体はどこに当たるかわかりません。
多くの場合、片手のどこかにボールが当たりますので、しっかり片手でもブロックできるという感覚で力を入れます。

 

指先まで力を入れますが、指先や、手のひらに気を取られると、腕がしっかり伸びていない時もあります。
肩甲骨から腕を伸ばす感覚で、腕にも力が入った、壁を作ることを心がけましょう。

 

 

ブロックの練習

ブロックのジャンプの練習は、壁に向かい合わせで飛んで壁を押す練習や、2人ひと組で、飛んで相手の手のひらをハイタッチするような練習でまっすぐ飛んで、ボールを押すタイミングをつかみます。

 

ブロックしたボールを、相手コートに落とすためには、ネットの白帯の向こうに腕が出ていないとボールは自分のコートに落ちてしまいます。

 

ネットのジャンプをする位置に立って、ボールを持ってジャンプし相手コートに落とす練習をします。相手コートにボールを落とす感覚をつかむように練習しましょう。

 

 

気を付けたい、ブロックアウト

ブロックアウトは、ブロックされて、攻撃がうまくいかない場合にスパイカーがつかうテクニックですがブロッカーの手を狙って打ち、ボールをコートの外に出すというテクニックです。

 

ブロッカーの指先や、外側の小指にボールが当たると、ボールは思わぬ方向に飛ぶことがよくありまた、力の入れにくい所をスパイカーは狙ってきます。

スパイクの練習方法