バレーボールはどんな人でも気軽に楽しめるスポーツです。

バレーボールの基本をしっかりと練習しよう!

 

バレーボールの良いところは、チームが協力し合って、ボールを繋ぐという協調性を感じられることです。

 

 

それぞれのプレーヤーが、自分の役割をしっかりと勤め、ボールを繋ぎ、相手チームのコートにスパイクを決めて得点を取ったり、反対に、相手チームのスパイクを連係プレーでブロックしたりと、チーム全体が協調し、一体となって、プレーすることがバレーボールの楽しさです。

 

 

バレーボールで得点を上げ、勝利するためには、それぞれのプレーヤーが、自分の役割を理解し、成果を上げて、ボールを繋げることが大事です。

 

その為には、自分の役割にあった練習をすることが大事です。

 

 

ボールを繋ぐ方法は

  • 相手チームから飛んできたボールを受けるレシーブ
  • アタッカーがスパイクを打ちやすいように、ボールをあげるトス
  • 相手チームにボールを打ち込み、得点を上げるスパイク

の3種類です。

 

 

バレーボール画像

レシーブの方法には

などがあり

 

 

スパイクには

  • ボウ・アンド・アロー・アームスイング
  • ストレート・アームスイング
  • サーキュラー・アームスイング

などがあります。

 

 

サーブには、

などがあります。

 

 

ブロックは、6人制と9人制とでは、オーバーネットに対するルールが違うので、ジャンプする位置や、ジャンプの仕方、腕の使い方が違いますので、それぞれのルールに合わせて練習する必要があります。

 

 

自分の与えられた役割に合わせて練習をする中で、どの方法が自分にあっているか、身体能力に合わせて見つけていくことが大事です。
そして、ある程度、余裕が出てきたら、チームにとって、最適な方法はどれかということも考えましょう。

 

 

本格的なバレーボールのチームの場合、プレーヤーのポジションは、

  • スパイクに特化しているスーパーエース
  • サーブカットをするレフト
  • 主にブロックとクイックをするセンター
  • アタッカーにボールをあげるセッター
  • サーブレシーブやスパイクレシーブを受け持つリベロ

という風になっていますが、一般的には、多くの場合、次のような役割に分けられています。

 

 

レフト

主力アタッカーのポジションです。
ジャンプ力と強い攻撃力のあるスパイクが必要です。

 

ライト

速効攻撃をすることのできるブロッカーのポジションです。
瞬発力、俊敏性、観察力があり、背が高い人に向いています。

 

センター

セッターのポジションです。
確実な高いトスを上げられることが大事です。そして、とっさの判断力も必要です。

 

リベロ

レシーブだけをする選手で、どんなボールが来ても、センターに繋げる能力が必要です。
瞬発力があり、反射的に動けることが大事です。

 

 

練習を繰り返して、アタッカーまで、確実にボールを繋ぎ、威力のあるスパイクで得点を上げられるようになると、バレーボールの楽しさが、どんどん膨らみます。
がんばって練習して、バレーボールを楽しんでくださいね。

 

http://www.tribalconference.org/